成績に不満がなくても塾は効果的に使えます

塾に通うようになるきっかけとして多いのは、成績の伸び悩みや周りが通い始めた焦りではないかと思います。
もちろん成績を伸ばすには塾に通うことが近道とも思えますが、良い成績を維持している子にとっても塾は効果的に使うことができ、
一概に頭がいいから必要がないとは言えない存在です。

なぜなら、自主学習では得られない周りとの競争や講師からのプレッシャーにより、今十分発揮していると思われる学力をさらに出し切ろうとがんばれる傾向にあるからです。

自分の今の成績に満足するだけで何も変えようとしなければ成績が下がることはなくても上がる可能性は減ってしまいます。
そのため、さらに上を目指す学力の高い子こそ塾を上手に使って自分を奮い立たせてほしいのです。

たとえ自分の点数が下がらなくても周りの子のがんばりによって順位が下がることはよくあること。
そのために焦り始める前に塾に通って講師と連携しながら対策をしておくことは備えとして役立ちます。

親も自分の子の成績に安心していてはいけません。
親の働きかけによっても子供のやる気は大きく変化します。
そのため、親自らが高い意識を持って子供に塾という世界を覗かせてみるのもいいきっかけとなるのではないでしょうか。