過去問研究をすることで志望校との差をつめる

過去問研究をすることで志望校との差をつめる

私は大学受験をしており、1年間の浪人時代を経験しております。
過去問の使い方を極めたのは浪人時代のことで、現役時代は過去問の使い方をわかっていませんでした。

浪人時代に過去問の使い方を見直したことで直前期に一気に点数が上がりました。
現役時代は過去問を5年分を一通りしかやっていなくて、過去問研究が出来ている状態ではありませんでした。

浪人時代に現役時代の反省を踏まえて過去問の使い方を見直しました。
まずはなるべく早い時期から過去問を解きました。

そうすることで志望校との差を実感できましたし、普段の勉強方法もそのつど見直すことが出来ました。
さらに過去問を一度きりにするのではなく、5年分を3周解きました。

何度も解くことで解くスピードが上がり、ケアレスミスを減らすことが出来ました。
そして、過去問の傾向がわかるようになったので、戦略を立てることも出来ました。

過去問を解き始めた時は壊滅的な点数でしたが、何度も解いていくと点数が急に伸びてきて、直前期は合格最低点を余裕で超えていました。
過去問にとっかかることに対してためらいの気持ちを持つ人もいると思いますが、今の自分の実力がわからなければ最適な勉強スケジュールを立てれません。

是非、早めに過去問を解くことをお勧めします。