入試本番で緊張しない方法とは

入試本番の緊張対策についてアドバイスさせていただきたいと思います。
普段の学習や模試では良い点数を取ることが出来るのに、いざ本番の試験や受験で、緊張で力を発揮することが出来ない方が沢山いらっしゃると思います。
私自身もその一人で、かなり緊張しやすいタイプの人間で、まさしく、いざ本番の試験や受験で緊張してしまい、普段の実力を発揮することが出来ないことが多いことがありました。

そこで、なぜ緊張してしまうのか考えたところ、経験不足からくる不安が緊張の原因ではないかと考えました。
そこで私自身が緊張を軽減するために実践したことは、「体験や経験をする」、「同じ状況下、近い環境で行う」ことです。

人間の脳は、経験をすることで脳の認識作用により緊張を軽減するしくみになっており、同じ状況下、近い環境を経験や体験することが緊張を和らげることに最適だそうです。
私自身が実際に行ったことは、「入試試験会場を下見する」、「入試と同じ時間に過去問を解く」ことでした。

「入試試験会場を下見する」ことは、本番の試験のときに、実際にその入試試験会場にたどり着くことが出来るかという不安や心配を軽減することが出来、試験に集中することが出来ます。

実際に試験会場へ行くのに迷って遅れてしまったという方も多く耳にすることがあるので、「入試試験会場を下見する」ことは、余計な心配を緊張に変換させないためにも有効だと思います。

あと「入試と同じ時間に過去問を解く」ことは、本番の入試試験と同じ状況下、近い環境を経験することで緊張を和らげることが出来ると思います。